30代後半でも大丈夫!未経験職種に就く3つのポイント

30代後半でも大丈夫!未経験職種に就く3つのポイント

 

30代後半で未経験職種に転職するには

 

1.30代後半の求職者に求められる能力

 

 企業が30代後半の転職希望者に求めるのは、専門性とマネジメントスキルであることがほとんどです。

 

 ですが、30代後半で未経験の職種に転職しようと考えるとき、専門性がないという、マイナスを持ったスタートであることを自覚しておく必要があります。

 

 

2.30代後半で未経験の仕事を希望する人の傾向

 

 30代後半で、未経験の仕事に就くための転職活動を行う人には、いくつかの傾向があるようです。やりたい仕事が明確になった人、資格を活かした仕事をしたい人、夢を諦められない人などが、大きな分類になります。

 

 ですが、意欲だけで採用してもらえるほど、現実は甘くありません。採用してもらうためには、目に見える形にすることが不可欠です。

 

 

3.30代後半で未経験の仕事に就くために

 

 企業の人事担当者にアピールできるよう、事前にできる限りの準備をしておきましょう。

 

ポイント!
  • 介護やITの業界は、アピールポイントになる資格を取得しておく
  •  

  • 応募企業で実務経験がないことを補える、宅地建物取引主任者や簿記の資格を取得しておく
  •  

  • ライターやデザイナー志望であれば、ブログやウェブサイトを開設し、第三者にスキルを見てもらえる場をつくっておく

 

 など、自分を売り込む手段をつくっておくことが、将来性を感じさせるには一番の早道なのです。

 

 

 

実務に関わらない、重要なスキルをアピール

 

 実務経験がない未経験者に、いきなり組織運営を求める企業はないでしょう。ですが、マネジメントスキルを持っていれば、業務を動かすために、優先順位をつけながら人と動かすことができます。業務を効率よく進行させるための段取りや、横断する部署の連絡調整を買って出るなど、自分より若いスタッフが苦手な部分を補ってあげれば、あなたの社内での価値があがるのは間違いありません。

 

 もし、役職者としてマネジメントを行った経験があるなら、その点をアピールするのもよいでしょう。また、未経験の仕事なのですから、前職のやり方や価値観は、一切通用しません。年下のスタッフに、仕事を教われる素直さも必要です。そうした自分の人間性を伝えることも、有効な方法だと思います。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト