転職が難しくなる30代後半の転職活動はどうするか

転職というのは年を取れば取るほど難しくなってきます。そして一般のボーダーは35歳と言われているので、30代後半となれば前半に比べるとその難易度は上がります。40代、50代に比べればまだまだ選択肢もある状況ですが、ボヤボヤしているとあっという間に40代に突入する時期でもあるので、早めの行動を取らなければいけません。

 

転職準備

30代後半となればキャリアも多く積んできたことになります。30代はキャリアが問われる世代となるので、このキャリアに関して分析して再確認しておくことが大事です。仕事が多くなれば振り返るのも苦労することになりますが、時間をかける価値のある行為ですので、最初に分析から入っていきましょう。

 

■関連記事

 

 

求人情報収集

30代前半に比べると求人情報は減ります。しかしそこまで悲観する程のものではないので、転職サイトを利用していけば見つけるのは難しいことではありません。ただ希望に合った条件を見つけるのは難しくなるので、ある程度の条件の妥協は考えておく必要はあるでしょう。その際には何を優先するかを決めておくかを忘れずに。

 

■関連記事

 

 

履歴書・職務経歴書対策

志望動機はもちろんですが、やはり30代となれば職務経歴書が重要になってきます。30代前半に比べると仕事の経験も多くなっているはずですが、全てを書くわけにはいかないので、やってきた仕事から幾つかを選んで書きましょう。その際にはしっかりと精査して読みやすい書類にすることを忘れないように心がけましょう。

 

■関連記事

 

 

面接

30代後半となればどれだけ質問の答えからアピールできるかがポイントになってきます。それは相手にどれだけ自分の情報を伝えられるかということでもあるので、どのような質問が来たらこのように答えるということを考えておきましょう。転職をする理由に関しては自己分析ができていれば問題はないはずなので、分析した通りに正直に答えていきましょう。

 

■関連記事

 

 

退職・入社準備

もしそれなりの地位についていれば退職前の引継ぎ作業は多忙なものになります。入社する前に体を壊してしまえばいきなり出鼻がくじかれることになってしまいますので、体調にも気をつけて退職準備を進めていきましょう。もちろん入社も用意できるものは用意しておき、無事に何事もなく入社できるようにしておきましょう。

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト