40代に向けて気をつけたい「体調管理」

 30代後半というのは世間的に「働き盛り」と呼ばれる年代で、20代に比べれば経験も豊富、転職活動でもこれまで培ったスキルが重要視されるようになってくる頃です。さらに上の年代の方たちよりも体力があるため、会社としても40代、50代のベテランの時期にかけて、バリバリ働いてほしいという期待を持っています。

 

 このように今後に繋がっていく大切な時期だからこそ、頻繁に仕事を休む、長期的に休職しなければいけない状態にならないよう、体調管理はとても大切だと心に留めておきたいところです。

 

 これは個人個人によってもちろん異なるでしょうが、40代になると夜しっかり寝ても疲れが取れにくくなった、そもそも持久力がなくなり疲れやすくなったという声をよく耳にします。疲れることそのものも辛いのですが、それ以上に疲れから来る免疫力の低下や、今までの積み重なったストレス、生活習慣から引き起こされる様々な病気も心配です。

 

 30代後半の今、これからの自分の為にも、今一度体調管理について考えてみましょう。

 

 

健康維持のためにやっておきたいこと

 健康を維持するためにまず欠かせないのは、毎年必ず健康診断を受ける、ということです。特に男性特有の病気、女性特有の病気にかかる人も、30代後半から40代以降でぐっと多くなる傾向があると言われています。忙しいという理由で健康診断をスルーしてしまうのは絶対にNGですよ。

 

 咳や鼻水が長引いたりした時もアレルギー症状などの可能性も考えられますので、「ただの風邪だから」と思いこまず、症状が軽いうちに病院にかかるようにしましょう。また体調を整えるには、日ごろの生活状況も大切です。うっかり夜更かしして寝不足になっていませんか?

 

 お酒の飲みすぎ、塩分や脂質の取りすぎにはなっていませんか?小さなことかも知れませんが、こういったことが大きな体調不良を招く恐れもあります。運動不足を感じている方は、無理のない範囲でウォーキングや、自転車を漕ぐような有酸素運動がオススメです。

 

 毎日コツコツと、健康維持のためにできることを続けていくようにしてくださいね。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト