面接で好印象を与えれば、「採用」の二文字が見えてくる!

転職活動のカギ「面接」!

 自分の将来を大きく左右する転職。転職するからには、やはり採用の二文字が欲しいところですよね。転職活動で最も重要であり、緊張する場面は面接ではないでしょうか。どういった姿勢が面接官に好印象を与えるのかをご紹介します。

 

面接で気をつける事

 面接官はいわば企業との窓口です。あなたが面接官に与える印象は、そのまま企業に与える印象といえます。面接官に好印象を与えるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

「履歴書に書いた内容を覚えておく」

 これは基本的な事といえます。面接では、履歴書にもとづきこれまでの経歴などを話す事もあるかと思います。そこで内容を把握しておらず、間が空いてしまうようでは「自分の経歴も覚えていないのだろうか」と不安感を抱かれてしまいます。特に数字など、暗記が必要な項目は頭の中で繰り返して覚えましょう。

 

「相手の話を遮らない」

 面接など緊張した場面でついやってしまいがちですが、相手の話を遮って話す事は、他人の話を聞かず、自己中心的な人物であるという印象を与えてしまいます。企業はチームワークを重視するところが多く、協調性がないとみなされてしまうと、採用は遠のいてしまうでしょう。面接官の質問が明らかに先の読めるものでも、しっかり最後まで聞きましょう。

 

面接で印象をアップさせれば、採用への道が開けてくる!

 面接は自分を売り込む場であり、履歴書だけではわからないあなたの魅力を発揮するチャンスといえます。緊張感を持つことも必要ですが、企業も同じように緊張しています。企業にとってプラスとなる人材を選ぶのですから、少しでも良い人を選びたいと考えているのです。

 

 面接は他の求職者と差をつける重要な段階です。練習するに越したことはありませんから、履歴書の内容を自分の言葉で話す事、面接官の話をしっかり聞く事を意識して、良い印象を与えるように心がけましょう。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト