30代後半こそ逆質問が重要

逆質問は複数用意して面接に臨む

 面接では必ず、採用担当者に「何か質問ありますか?」と言われます。30代後半の求職者が、この質問の後で、「特にありません」と言った時点で、内定を得るのは難しくなります。

 

 というのも、逆質問がいかに的を射ているかで、本気で企業研究し、入社をしたいと考えているかどうかが、よくわかるからです。面接前に複数の逆質問が用意できるだけ、徹底した企業研究を行いましょう。

 

 ただし、会社案内や企業のホームページ、採用担当者が面接の中で話した内容について質問するのは、基本ができていないと伝えるようなものです。

 

 実際に、調べてもわからなかったことをメモにして、質問してみるのもよいでしょう。

 

 

採用担当者に好印象を残す逆質問とは

 30代後半ともなると、近い将来、プレイングマネジャーとして、組織を率いてもらえる人材かどうかも、採否の大事なポイントです。

 

 それを考えると、入社後に個人で果たすべき職務だけでなく、組織運営に関する質問をしてみるのも一つの方法です。

 

 例えば、「御社が業務以外で、中途採用者に望む役割はありますか?」と聞いたとき、「外から見た業務改善のポイントを教えてほしい」「部署ごとの連携が課題となっているので、何かアイデアがあれば提案してほしい」という回答があれば、組織運営上課題に対して、自分の経験とノウハウを活かせることをアピールするきっかけになります。

 

 ちょっとひねった逆質問を、用意しておくとよいでしょう。

 

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト