30代後半がよく聞かれる質問について

30代後半がよく聞かれることとは

 中途採用の面接では、定番の質問がいくつかあります。

 

 「自社を志望した理由」「これまでの職歴」「自己PR」は、どの年代でも必ず聞かれます。当然、30代後半であっても、同じ質問をされるわけですが、回答に一工夫が必要です。

 

 というのも、例えば「自社を志望した理由」なら、数ある企業の中でどこに魅力を感じたかを具体的に語ることが、「これまでの職歴」の説明ではそこで培ったスキルとノウハウをどう活かせるのかを盛り込むことが、「自己PR」では業務で即戦力として成果をあげるだけでなく組織の中でどんな役割を担えるのかをアピールすることが大事です。

 

 質問に回答しつつ、自分の強みを伝える方法を考えておきましょう。

 

 

退職の理由を問われたら

 在職中であっても、退職後であっても、「前職を辞めた理由は何ですか」と聞かれることがあります。

 

 転職を決意するからには、前職に何がしかの不満はあったかと思いますが、それをストレートに伝えるのは得策ではありません。

 

 「前職でいろいろな経験をさせてもらって感謝しているが、キャリアアップのために仕事のフィールドをより広げたいと思った」など、ネガティブからポジティブな印象に言い換えることを、意識してください。

 

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト