面接前にしておくべき対策

面接前にしておきたい対策とは?

 

 30代のあなたは、きっとこれまでの人生で一度や二度転職を考えたことがあるはず。人生のターニングポイントでもありますし、転職するならこのタイミングしかないと大きな決断をされる方が多いのが30代の傾向です。さて、転職活動する上で一番重要なのが面接なのは誰しも知っている事実ですよね。

 

 それだけ重要な面接ですから、とてもアドリブで挑むことは出来ませんし、いろいろ対策も必要です。では、具体的に面接前にどのような対策が求められるのでしょうか?そのポイントをいくつか挙げておきますので参考にしてみてください。

 

★ココがポイント
・採用担当者からの逆質問(何か質問することはありますか?という質問)に対する質問事項。
・敬語などの言葉遣いやマナーのおさらい。
・入社意欲、応募企業でなければならない理由
・転職後どのように貢献できる事象をまとめておく。

 

 おおまかに挙げればこれらの要素が面接前に準備しておきたい4つのポイントです。面接で採用担当者が見ているポイントとしては、まず、身だしなみとマナーです。身だしなみに関しては、対策以前の問題だと思いますのでだいじょうぶだと思いますが、言葉の乱れは意外と出てしまうものです。面接といってもあくまでビジネスの場なのですから、言葉遣いが乱れないように、シュミュレーションをするなどして、再確認しておきましょう。

 

 また、受け答えでしどろもどろになってしまうのも非常に問題です。特に多いのが『何か質問することはないか?』という逆質問と『弊社に対してどのようなキャリアを活かしてくれるのですか?』という質問です。いざ質問された時にしっかり自信をもって応え等得るようにしておきましょうね。

 

面接で一番大事なことは何?

 

 転職希望者にとって面接で一番大事なことは一体何だと思いますか?実は、面接で一番大事なことは落ち着いて堂々と受け答えすることです。もちろん、採用を勝ち取るために、しっかりアピールすることは大切なことです。

 

 しかし、どんなに良いアピールが出来たとしても、それがしどろもどろな受け答えだったとしたら、採用担当者には【この人の話は本当?】と映ります。それではアピールの意味がありませんので、まずはあなた自身がが自信を持って受け答えできるようにしっかり事前に準備しておきましょうね。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト