履歴書と職務経歴書の違いとポイント

履歴書の役割とポイント

 企業の採用担当者が、応募書類で最初に目を通すのは、履歴書です。

 

 若者であれば、自己紹介ツールである履歴書には一通り目を通すものですが、応募者数が多い場合は、履歴書の書き方と学歴・職歴、志望動機を斜め読みして、職務経歴書を読み込むかどうかをジャッジするのが現実です。

 

 つまり、誠意をもって履歴書を作成したかどうか、貼付してある写真の第一印象、募集している職種に対応する学歴や職歴があるか、志望動機に説得力があるかが、次のステップに進めるかどうかの分かれ目になります。

 

 

職務経歴書の役割とポイント

 職務経歴書は、応募者がこれまで経験した仕事内容と実績、持っているスキルとノウハウを伝えるためのツールです。

 

 そして、職務経歴書の作り方で、応募者のプレゼンテーション能力をはかることもできます。

 

 限られた枚数の中で、採用担当者の興味をいかに引き、面接してみようと思わせることができるかが、とても大事です。

 

 面接に進むとなれば、現場担当者や経営陣も職務経歴書を読むので、立場の違う相手のポイントをつく内容を、職務経歴書に盛り込まなければなりません。

 

 業務内容だけでなく、組織内での役割など、多角的な視点で、自分をアピールしましょう。

 

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト