履歴書の書き方ポイント

履歴書の本人希望欄に書いたらマイナス評価になることとは?

 

 履歴書は、ただアピールするためのものではなく、転職するにあたり本人の希望を企業に伝えるためのものでもあります。

 

 ただ、20代とは大きく異なり30代ともなると、それなりに常識があるのは当たり前と見られている傾向がありますし、何でもかんでも希望欄に書いて構わないというわけには生きません。

 

 当然本人希望欄に書いてはいけないこともありますし、知らずにそのまま書いてしまうとマイナス評価され、最悪不採用とされてしまうかもしれません。

 

 では、履歴書の本人希望欄に記載するとマイナス評価されることとは一体どんなことでしょうか?ここにその項目をポイントにしてまとめておきます。

 

★ココがポイント
・明確な理由もないわがままと見受けられる希望。
・条件面の向上ばかり求める欲張り(二つ以上の)な希望。
・明らかに待遇重視とみられる希望。

 

 以上の3点が履歴書の本人希望欄に書くとマイナス評価されてしまう希望内容です。基本的に、転職への熱意が感じられない履歴書は、採用担当者へのマイナス評価となり、それだけ不採用になる確率は高まります。採用担当者としては、明確な理由もなく、給与アップや勤務地など条件の向上ばかり求められては、『やる気があるの?』と不信に思うものです。

 

 まだ20代の若い年代なら、社会人経験も無いし多少は仕方ないと思う企業もあるでしょう。しかし、30代の転職希望者がこんな風に本人希望欄に記載したら、一発で不採用になる可能性は非常に高いです。

 

 実家の両親の面倒を見なければいけないためどうしても転勤できないなど、やむを得ず妥協することが出来ない明確な理由がない場合は、本人希望欄に条件面で何か記載するのは止めた方が無難ですので、気をつけましょうね。

 

良い印象を与える本人希望欄の書き方とは?

 

 本人希望欄に記載する内容には、採用担当者に好印象を与えるものも当然あります。30代のあなたなら、何かしらキャリア・スキルは持っていると思いますし、それらを活かして転職志望先の企業で貢献できる仕事もあるでしょう。

 

 その仕事に携わり企業に貢献したいという旨のことを記載すれば、企業研究をしてきているというアピールにもつながり、また、積極的な姿勢を示すことも出来ます。

 

 採用担当者としても、あなたのその積極的な姿勢を好評化してくれるはずです。最終的な採用・不採用がこれだけで決まることはありませんが、少なくとも良い印象を与え採用にプラスに影響してくれることは間違いありません。

 

 もし、条件面で希望があるものの、採用担当者を納得させられるような明確な理由がない場合は、それらの希望は書かず、仕事内容に絞り、あえて積極的なアピールとして本人希望欄を活用してみてくださいね。

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト