書類を書く際の重要なポイント

30代後半は職務経歴書が重要

 

 30代後半の転職ともなると、30代前半とは異なり応募できる求人が減ります。また、同時に採用障壁も高くなりますので、書類選考が通過しづらくなると感じる人も多いことでしょう。面接に進むためには、面接官の目に留まり、会いたいと思わせる職務経歴書を作成することが大切になります。そこで、少ないチャンスをものにするためには、職務経歴書を工夫する必要があります。

 

 また、30代後半にもなると、3社以上転職している人も少なくありません。このような場合には、1社1社の職務経歴を時系列に記載するのではなく、それぞれのアピールポイントをサマリーとして記載することが大切です。

 

 また、その場合には、これまでの経験や実績を具体的な数値として明記して、転職先でどのようなことで貢献できるかということを明確にしておくことも重要となります。マネジメント経験も求められますから、どれくらいの規模でどのようなマネジメントをしていたのかということも記載しておきます。

 

職務経歴書を書く際に気をつけておきたいこととは?

 

 書類選考に通過するための職務経歴書を作成する場合には、一度これまでのキャリアを振り返り、経歴や実績を整理したキャリアの棚卸をしてから職務経歴書を作成します。ここで気を付けたい事は、まずは職務経歴書の体裁を整えることです。30代後半ともなると、転職回数も多少あるはずですから、だらだらと3枚以上経歴を記載することは避けます。どれほど職務経歴が多くでも、全体のレイアウトに気を付けてA4サイズで2枚程度にまとめるようにします。

 

 また、職務経歴書には、これまでのキャリアの全てを詰め込むのではなく、応募企業の職種によって求められる経験やスキル、資格などに添うように、必要な情報を取捨選択して作成するようにします。ただし、具体的な成果や実績を記載する場合には、相対比較として数字が語る客観的な情報をアピールするようにします。

 

 例えば、年間売上目標に対して、自分はどの程度の実績を出したのかというような記載方法です。提出前には、誤字や脱字がないか再度チェックします。また、機会があれば、転職のプロである人材会社のコンサルタントにチェックしてもらえば、業界や転職先に即したアドバイスを貰えることもあります。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト