自分の適性職種がわからないです。

自分の適性職種がわからないです。

 

 

就職活動を行うにあたって、何よりも重要なのは自己瓊ん席であることは皆さんお分かりのことだと思います。

 

そこで自分自身がどんな人間でどんなことをやりたいのか、どうありたいのかを決めていくわけですが、さすがに希望業界、そして希望する職種まで決めていくことは難しいものです。

 

ご質問者のように希望する職種や適性のある職種までははっきりさせられないことは当たり前かもしれません。

 

就職活動を行う中でいろいろな先輩方や社会人の方々に会う中で自分自身が営業をしたいとか、商品企画をしたいという気持ちも生まれるかもしれません。
しかし、実際には就職してからも自分の希望する職種に配属されるかどうかは保証されているわけではありません。さらに、一生同じ職種で会社生活を終えることもなかなかないのではないでしょうか。

 

もちろん、経理や人事といった専門職能は別です。仮に技術採用であっても営業にうつることも多くあるのが実情です。
こうした前提を考えていくとあまり悩む必要もないと思います。

 

しかしながら、就職活動のタイミングで自分自身をしっかり見つ目直す中でなんらかの結論は出しておいた方はよいでしょう。
採用面談の中でも自分自身が分析できていないととられかねません。

 

もちろん、業界はしっかり決めておき、職種となった場合はいくつかの選択肢を自分自身でもっておいた方がよいと思われます。
実際には、就職面談進めていく中で、自分自身が就職する企業の採用担当者が適正そのもの見抜いてくれるかもしれません。

 

もちろん、それが自分自身の希望と会うかどうかは別ですが、プロの目から見た適正なので就職当初は与えられた職種でがんばってみるのが良いと思います。

 

何年かの経験を得ることで自分自身のスキルも磨かれ、適性も出てくるかもしれません。長い人生ですから自分自身の極性をしっかり見極めて仕事に向き合えるようになりましょう。

 

短い就職活動の中であまり深く考える必要はないと思います。

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト