総合職で入社したんですが、専門的な知識などを伸ばすためには転職をした方がいいですか?

総合職で入社したんですが、専門的な知識などを伸ばすためには転職をした方がいいですか?

 

総合職は、勤続年数や能力によってさまざまな職種や業務を経験できる点にメリットがあると言えるでしょう。企業側が時に自分の能力を見出してくれるため、しばしばそれによって腑に落ちない異動や転勤を命じられることもあるかもしれませんが、それでもキャリアアップのことを考えるとそれが最善であると感じる人も多いはずです。

 

しかし、質問から察するに、おそらくあなたはそうは感じなくなっていると思われます。総合職で働くことに些か疑問を感じるようになってきており、この先定まった職種や勤務先で働くことが不透明なまま働き続けるよりは、何か専門的な知識や技術を学び、それを伸ばしていく方が将来的にも意義があるのではないかという考えに至るのは全くおかしなことではないでしょう。

 

もしその気持ちが強くなってきているのであれば、転職を本格的に考えてもいいのではないでしょうか。そもそも、あなたが身に付けたい、あるいは伸ばしたい専門的な知識や技術とは何なのでしょう。もしそれが明確になっているのであれば、転職することをお勧めします。それが明確になっていないのであれば、まずはそれを見つけることが先決となるはずです。

 

転職は、目的や目標がなければ成功しません。今の状況から逃げ出すような形での転職では後悔してしまうことも多く、それによって人生設計が狂ってしまった人も数多くいるのです。総合職で働き続けることに疑問を持つことは次のステップに進むキッカケとはなるのかもしれませんが、その次のステップが不明瞭のまま一歩を踏み出すことはお勧めできません。

 

自己分析をしキャリアの棚卸しもした上で、あらゆる情報を社会から仕入れ、本当に自分が興味を持てるもの、獲得したい専門知識や技術が何なのかを見つける努力をまずはしてみましょう。転職すべきかどうかを最終的に判断するのはそれからでも遅くはありません。

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト