30代後半で契約社員から正社員へ転職するのは難しいですか?

30代後半で契約社員から正社員へ転職するのは難しいですか?

 

 

まず、二つの要素に分けて考える必要があるでしょう。

 

30代後半の人が転職することについてですが、これはとても微妙なところ。転職市場で最もニーズが高いのは、20代後半から30代前半の人と言われています。30代も後半に突入すると、少し市場価値が下がってしまうことは覚悟しておく必要があります。

 

ただ、まだ30代ですから、転職が不可能ということはもちろんありません。転職を決意するなら、まさに今。迷っている時間すら勿体ないので、すぐさま動き出すべきです。

 

次に考えたいのは、契約社員から正社員へと転職するという部分。これもなんとも言えません。というのは、契約社員としてどのような仕事をしていたのか、これが重要なポイントとなってくるからです。

 

もし、契約社員として行っていた仕事と同じ職種で正社員を目指すのであれば、随分と可能性は高まるでしょう。正規雇用ではないにしても、その職種の経験があるわけですし、30代後半ということは、もしかしたらかなりのキャリアを持っている可能性も考えられるので、そうであれば転職への道は明るく照らされているのかもしれません。

 

逆に、契約社員として行ってきた仕事と全く異なる仕事に就こうと考えているのであれば、転職の可能性は下がってしまうでしょう。一言で言うと、「難しい」となってしまうのかもしれません。

 

ただ、難しいとは言っても、不可能であるというわけではありません。契約社員として働いている間、正社員になるために、新しい仕事に就くために勉強などを続けていれば、その成果が認められ、正社員として採用してくれる企業が見つかる可能性も出てくるはずです。

 

どのような転職を目指しているのかはわかりませんが、もしそうした特別な勉強をしているわけではないのであれば、これまで行ってきた仕事と同じような職種に就くことをお勧めします。

 

30代後半で全く新しいことを始めるのは大変ですし、そもそも、採用してくれるところは非常に限られてしまうでしょう。人気の職種であればなおさら可能性がゼロへと近づいていってしまいます。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト