資格やスキルがなくても転職を成功させることは可能ですか?

資格やスキルがなくても転職を成功させることは可能ですか?

 

 

もちろん可能です。まず資格に関してですが、多くの転職成功者が特別な資格を持っていないことは知っておきましょう。職種によってはその資格がなければ就くことができない、あるいは転職に不利になるというものもありますが、転職者全体で見れば、それは非常にわずかな数でしかありません。

 

せめて持っておきたい資格といえば、普通自動車運転免許くらい。30代後半でそれがないと、「どうして運転免許くらい取得しないのだろうか」と思われてしまうかもしれませんが、それさえ持っておけば、あとは特別な資格などは必要としない人がほとんどなのです。

 

スキル、これは持っておくに越したことはないでしょう。ただ、転職を機に新しいことに挑戦したいと考えるのであれば、これもそこまで必要とは言えないのかもしれません。

 

同じ職種に転職するのであれば、「スキルが全くない」ということはないでしょうから、おそらく新しい職種にチャレンジしたいと考えているのでしょう。そうであれば、特別なスキルを持っていないのは当然であると、半ば開き直って転職活動に励む思い切りも大事なのではないでしょうか。

 

ただ、これまで従事してきた仕事の中で身につけたこと、これはしっかりとアピールしなければなりません。応募した企業や職種に直接的に関係があるスキルではなかったとしても、上手く両者をリンクさせること、これは転職を成功させるための一つのテクニックとして必要であると思っておくべきです。

 

そもそも、全く何のスキルもないという人はいないはず。仕事をしてきた30代後半の人ならなおさらです。資格はゼロだったとしてもスキルがゼロであることはまずありませんから、自分の中からそれを見つける努力も怠らないこと。それがいわゆる“自己分析”と呼ばれる作業。

 

「自分には何もない」と考えることは、何も持っていないのに「自分は凄い」と言う人よりはマシなのかもしれませんが、転職活動においてはあまりいい考え方とは言えないでしょう。自分の特徴や魅力を見つけ出し、資格がない部分をカバーする努力をしてください。そうすることで、転職は必ず成功へと向かっていきます。

 

また、そうした自己分析の中で見出したことから、自分自身に適した仕事や企業を見つけ出すこと、これも転職を成功させるために必要なことであると思っておかなければいけません。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト