システムエンジニアとして独立しました《34歳│男性》

《33歳│男性》
会社員
システムエンジニア
リクナビNEXT

 

 

 

 学時代理系の学部で、研究ばかりしていました。就職率はすごくいいので、どこか家電メーカーか機械メーカーに就職するつもりでいました。

 

 その後就職活動もうまくいき、思ったような大企業に就職することができましたが、入社してから数年後に売上高が急激に落ち込み、リストラが進むようになりました。

 

 私の部署もなくなることになり、どこかよその部署にうつるか、退社の道しかなくなってしまいました。

 

 ほかの部署にうつるということは地方へ転勤です。転勤した後どうなるかは全く予想もつきません。色々と考えた挙句に、私は転職することにしました。

 

 

 

 資格というものがまったくなく、この資格で食べていけるというものはありませんでしたが、システムエンジニアとしてなら在宅でもやっていけるんではないかと考えました。

 

 顧客開拓だけが心配なところでしたが、最初は在宅ワークのサイトなどから顧客開拓を始めて、そのうちフェイスブックなどを通じ、顧客は増えていきました。

 

 この時点ではまだ退職願いを出していませんでしたが、在宅でやっていける自信がついたので退職願を出しました

 

 

 

 私はたまたま会社員時代の仕事がエンジニアでしたので独立しやすかったんだと思います。

 

 もし資格などがなく、スキルもないのでしたら急いで退職するのは避けたほうがいいですね

 

 ちゃんと次の準備をしてから転職すべきだと思います。そういう意味でシステムエンジニアは転職しやすい仕事だと思いましたね。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト