東京を離れての転職活動《33歳│男性》

《33歳│男性》
住宅営業
運送
リクナビNEXT

 

 

 

 給料の安さから転職を考えました。東京に出て毎日夜遅くまで働いていましたが、景気もよくなく仕事柄休日出勤も当たり前で毎日ヘトヘトでした。

 

 給料が安かったのが一番問題でした。結婚を考えていて、しかし手取り20万円では二人の生活は難しいです。地元に帰り、公務員になる可能性を考えつつの地元での転職活動をすることにしました。

 

 

 

 公務員試験の対策は東京でやった方がはかどります。東京には公務員の学校がいっぱいありますから、毎日夜遅くに通って勉強しては帰宅する毎日でした。

 

 公務員一本でも不安がありましたから何となくですが求人欄には目を通してはいましたが、片手間程度です。

 

 

 

 山梨に帰って仕事を探しながら勉強していて何とかアルバイト先は決まりましたが、正社員は難しかったです。公務員試験も新卒有利の状況が続き、ただでさえ少ない求人を取り合うのに疲れてしまいました。

 

 公務員は夢ではなく「安定」が魅力だったので途中から虚しくなり、止めてアルバイトをしながら正社員探しをしていました。

 

 開き直ってきて仕事の配達も面白くなり、必死で勉強して1年くらいしたら、別の会社の運送会社からスカウトとされて就職が決まりました。

 

 

 

 やや複雑な転職活動でした。初めの1年は公務員の勉強をしていて、次の1年で配達のアルバイトをしてからの採用でしたから、合計2年間の転職活動期間です。

 

 

 

 どんな地域でもよく見ると仕事があります。今働いている運送会社もいろんな物を届けています。地域限定ですが果物や石造、家具や住宅の一部も配達しました。

 

 個人の仕事依頼もあり、自営業やフリーランスの方と取り引きをしていますが、山梨にもベンチャー企業が結構あります。

 

 諦めないで日本中探してみてください。残酷な言い方ですが東京が全てではありません。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト