求人情報媒体は併用が基本

求人情報媒体によって異なる特色

 転職サイトや転職エージェント、ハローワーク、求人情報誌、新聞の求人欄など、みなさんが普段目にするだけでも、これだけの求人情報媒体があります。

 

 というのも、求人情報媒体によって、得意とする求人分野に違いがあるため、ある程度、すみわけができているからです。

 

 30代後半ともなると、自分に合った情報を得るには、転職サイト、転職エージェント、ハローワークがおすすめです。

 

 というのも、転職サイトは採用広告費を出せるレベルの、転職エージェントはキャリアアップが狙える好条件の、ハローワークは地元の中小企業の求人情報を扱っているからです。
 この3つは、併用することをおすすめします。

 

 

30代後半は情報収集力が鍵

 30代後半の求人は、内容の二極化が進みます。

 

 キャリアと実績があるひとには、好条件な管理職への道が開かれていますが、それまで責任のある仕事をしてこなかった30代後半になると、正社員での採用が少なくなるという現実を見なければなりません。

 

 少しでも、自分の希望に合った求人を探すためには、広く情報収集を行い、1社でも多くの企業に応募するしかないのです。

 

 そういう意味でも、扱う求人の内容が違う求人情報媒体を併用するのは、大きな意味があります。使える求人情報媒体は、すべて併用するくらいの気持ちで、フル活用してください。

 

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト