できるけど、できない?休職中の転職活動を掘り下げて考えてみましょう

転職活動そのものは自由です

 

 現在休職中。仕事を休んでいる中で考える時間が増え、その考えの中から「転職したい」という気持ちが芽生えてきた。結構いるようです、そういった人。でも、休職中に転職活動をするなんて、アリなの?と、これまた多くの人が考えるようです。

 

 転職活動というのは誰かに制限されるものではありません。休職中の人にももちろんその権利、と言ったら大げさかもしれませんが、その自由は与えられています。

 

 もし転職したいという気持ちが一時的なものではなく本気なのであれば、それに向けて活動しても、特に誰にも咎められることはないでしょう。いろいろな意見はあるかもしれませんが、正しいと思えばその思いを貫いてもいいのではないでしょうか。

 

採用される可能性はどのくらい?

 

 転職活動を行う自由は、休職中の方にも与えられています。しかし、活動はできるけど、転職できるかと聞かれれば、「絶対にできます」とは言い難い現状もあります。

 

 休職中の人が転職活動を行って採用される可能性は、きっとかなり低いでしょう。その大きな理由のひとつは、採用する側が躊躇してしまうためです。

 

 休職状態になるには必ず原因があります。そして、採用する側は、それを全く知りません。つまり、あなたが説明をしなければならないわけですが、全く知らない人の話を鵜呑みにする採用担当者もまずいません。

 

 となると、休職状態にあるというだけで採用担当者はあなたに不安を覚えるのです。不安を抱えたまま採用する可能性は限りなく低いため、転職できない可能性の方が高いと言わざるを得ないのです。

 

では、どうすればいいのか

 

 では、休職中の転職希望者はどうすればいいのでしょうか。考えられるのは、まず仕事復帰すること。仕事に復帰してから転職活動をすれば、他の転職希望者と同じような状態となるので、採用する側も特に不安は持たないはず。面接時にも堂々と、「現在こんな仕事をしています」と言えるわけですから、後ろめたい気持ちになることもないでしょう。

 

 もうひとつ、退職してしまうという選択があります。休職中であるよりは、採用側の不安も和らぐのではないでしょうか。お勧めは仕事復帰ですが、少なくとも休職中の転職活動にはあまり積極的にならない方があなたのためなのかもしれません。

 

 

■関連記事



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト