30代後半だから企業研究を丁寧に

企業研究は丁寧に行う

 30代後半で、キャリアアップ転職を実現するためには、相当数の応募をして、書類選考を通過し、面接まで駒を進めなければなりません。

 

 ですが、条件のよい求人は応募数も殺到しますし、エントリーや書類応募のすべてが、面接につながるわけでもありません。

 

 確実に書類選考に残り、面接に進むためには、きちんと企業研究をして、応募する会社ごとに内容をカスタマイズし、説得力のある書類を作成することが不可欠です。

 

 新卒と同じ感覚で企業研究するのではなく、財務状況や事業戦略、ここ数年ニュースで取り上げられたことなど、しっかり下調べをして、応募を検討するところから始めましょう。

 

 

企業ニーズに自分がマッチするかをジャッジする

 もう一つ、30代後半は、現実を見据えて転職活動を行う必要があります。応募書類を送るのも、面接まで出向くのも、時間とお金がかかる作業です。

 

 30代後半になって、希望の転職を実現するとなると、応募数が一桁というわけにはいきません。

 

 やみくもに応募するのは、時間も心も消費する作業なので、自分の中でも取捨選択が必要です。

 

 企業研究をすることで、自分の希望に合っているか否かだけでなく、自分が企業ニーズに合っているのかをジャッジする目を持ちましょう。

 

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト