転職成功のためにまず計画する

30代後半の市場価値を理解する

 景気回復に伴い、就職氷河期を経験している30代後半の世代を求める企業が、増加傾向にあります。

 

 これは、これから管理職として下支えをしてくれる中堅層が、採用を控えていた企業では社内で育っておらず、中途採用で穴埋めしようと考える企業が多いからです。

 

 そう考えると、30代後半の転職ニーズは高そうですが、実際にはそれまでのキャリアと実績によって、明暗がくっきり分かれてしまうという現実があります。

 

 30代後半で、自分が納得できる転職を実現するためには、自分の市場価値を知ったうえで、しっかり計画をたてなければならないのです。

 

 

30代後半の転職計画の立て方

 では、転職計画はどのようにたてると良いのでしょうか。

 

 まず、自分のキャリアの棚卸しを行い、自己分析をして、市場価値を調べたうえで、自分が内定を得るまでの目標期間を設定します。

 

 若いころであれば、活動開始から1〜3カ月で内定を得るのが一般的ですが、30代後半の場合、個人差が激しいものです。

 

 応募者数も多くなるのは必然ですので、3〜6カ月後に内定を得られるように、逆算して計画をたてましょう。

 

 このとき、内定を得るまでの面接、書類選考、応募は後半に従って増えることを念頭に置いてください。

 

 

■関連記事

 

 



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト