転職後に陥る恐怖に注意!

転職後に陥る恐怖に注意!

 

 

 やっと転職して喜んだのも束の間で長時間の業務や過酷な労働で、心身共に追い込むブラック企業だったという場合があります。

 

 ブラック企業に転職しないための対策の一つとして、求人の掲載料が有料で、チェック機能などもある転職サイトがお勧めです。ハローワークの場合は求人の掲載料が無料ということもあり、零細企業も多く登録されています。転職後につらい現実が待っていることが無いようにこれから転職活動をする人には十分な注意が必要です。

 

 

実際にあったブラック企業の訴訟

 

 ブラック企業と言えば一般的には社名も知らない中小企業のイメージがありますが、大手タクシーの東京エムケイの運転手42人が2013年末までに、会社を相手に未払い分の約4億円にも上る給与の支払いを求める訴訟を起こしています。エムケイ株式会社は京都市に本社を持つタクシー会社で、エムケイ石油と共にMKグループを全国に展開しています。

 

 エムケイはドアの開閉サービスや学士ドライバーと呼ばれる新卒採用の運転手や、きもの割引や禁煙車両の空港乗り合いタクシーの導入や、月2回のエムケイ新聞の発行など次々に新しいアイデアで業績を伸ばしてきました。

 

 しかしその一方で運転指導でのドライバーへのパワハラや、2009年には国会の国土交通委員会で車両や備品の運転手負担制が問題視されました。エムケイは他社のタクシー会社と比べると安い料金で、予約の多いタクシー会社として利用にされています。

 

固定月給35万円と明記!しかし実際には約20万円の月給

 

 しかし今回の東京エムケイの運転手の訴訟では、ハローワークの求人票では固定月給35万円と明記されているにも関わらず、実際には月に8日か9日の公休日の他すべてに出勤しても、基本給に諸手当を加えた月給は約20万円だと言うことが分かりました。

 

 さらに乗車前の車の点検や洗車や運行記録の記入時間などの、残業代が月に10万円から30万円もあり未払いだと訴えています。

 

 30代後半での転職活動は、誰もが最後の転職にしようと最大限の努力をするものです。転職後にこのような地獄に陥らないためにも、転職活動中には企業情報のアンテナは幅広く持つようにしましょう。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト