アベノミクスの影響で雇用の状況は改善するか

 アベノミクスの影響によって景気が少し上向きになっています。今後も状況は良くなっていくと予測している人も少なくありません。しかし景気が大きく良くなっているとは感じられず、いつ雇用の状態が悪くなるかわからないと警戒している人も多いでしょう。雇用の状況は大きく良くなっているとい事はなく、一部の大企業の給料やボーナスが上がっているだけだと考えている人は沢山います。

 

景気が上向いた事で、雇用状況が一部の分野で改善

 そんな中でも、今後雇用が確実に上向きになる分野がわかってきています。不動産、福祉や医療、人材ビジネス業界です。この分野では未経験でも採用する会社が多く、正社員として転職を考える場合には成功する可能性が高いでしょう。医療ビジネスではヘルスケア業界にニーズが高まっています。30代後半の転職者に朗報といえるでしょう。

 

 ITやインターネット業界は成熟していますが、ソーシャルゲーム、ネットメディア、アドテクノロジーは求人が多いです。その他にも営業の職種であったり、今後上場していく会社にとっては管理系の職種も募集されると考えられます。

 

給料が多少下がっても将来性のある職種を望む人が増加

 今後、衰退していくと考えられる産業と活性化する産業が予測されており、転職をするなら今が一番タイミングが良いとする考えがあります。アベノミクスの影響で景気は良くなっても、全ての分野の状況が一様に良くはならない可能性があるからです。特に正規雇用者が減少している点が警戒されます。

 

 景気が上向き、雇用の状況は少し改善して、一部の分野で正社員の求人が増えてきています。「多少給料が下がっても将来性のある職種に就きたい」と希望する30代後半や40代からの転職の方が増えているのも当然のことと言えるでしょう。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト