40代目前の仕事探しには、対策が重要!

40代目前の仕事探しには、対策が重要!

 

 

 2012年12月の政権交代後の安倍首相が推進する経済対策「アベノミクス」で、日本はそれまでの円高から円安になり株価も上昇しました。

 

 その結果で多くの企業では業績が好転し、日本経済の回復したとマスコミでも盛んに報道されています。しかしそんな報道に異論を唱える人物もいます。例えば志社大学大学院教授で、エコノミストの浜矩子さんです。

 

 浜矩子さんは2013年5月23日に起きた日経平均株価の暴落の直後にも、「アホノミクスが5つの悲劇を引き起こす」とアベノミクス批判論を展開した人物です。

 

 日経株価の暴落直後であっただけに、この記事には大きな反響がありました。その浜矩子さんが再びアベノミクスは意外と大したことないと、持論を述べています。

 

「アベニノミクス」に踊らされずに、確実な転職対策を

 

 浜矩子さんによれば日本は15年間もデフレ不況という病名の重症患者で、アベノミクスのような対症療法的な経済対策ではそう簡単には回復しないと見ています。

 

 確かに多くの大手企業の業績は大幅に改善されましたが、浜矩子さんの意見のように日本の国民全員が潤うかと言えば「ノー」でしょう。

 

 特に40代以降の方にとっては、厳しいものがあります。例えば日本たばこ産業が発表した、リストラ策などをそれを象徴しています。業績が良い日本たばこ産業のリストラ策に、危機感を覚えた中高年の方も多いと思います。

 

 30代の転職も他人事ではなく、明日は我が身と思って対策を考えないと大変なことになります。転職エージェントに登録して、ご自身の市場価値を確認するぐらいは行いたいものです。



 
トップページ 30代後半の転職の流れ おすすめ求人サイト